NEWS

・2018年5月21日(月) 2018年希望が丘ローラースキー大会要項等アップ

 平成30年9月23日(日)に滋賀県希望が丘文化公園にて開催される標記の大会について、要項、申込用紙等をzipファイルでアップしました。

 上記メニュー「大会要項・申込書」よりダウンロードし、ご利用ください。締切は8月3日(金)です。

・2018年4月13日(金) 5月強化合宿中止のお知らせ

 平成30年度近畿高体連スキー専門部強化合宿ですが、雪不足のため中止となります。

参加の方向で調整されていた各校スキー部の先生には申し訳ありませんが、対応をお願いします。

・2018年4月9日(月) 5月強化合宿・春季季節外駅伝申し込みについて

 各校顧問の先生宛に以下の2件について、開催要項と申込書をメール送信しています。

・平成30年度近畿高体連スキー専門部強化合宿(〆切:4月19日(木)16時)

・2018年度全関西学生スキー連盟主催春季季節外駅伝(〆切:5月14日(火)16時)

 先生方におかれましては、メール本文と添付ファイルを十分に確認していただき、メールに返信する形で申込をしてください。期限厳守でよろしくお願いします。

・2018年3月28日(水) 第27回京都府高等学校春季スキー大会競技2日目

 アルペンはGS競技、クロスカントリーはフリー競技が行われました。本日も晴天の中、全員ハツラツとプレーをしてくれていました。これで、春季大会の全行程を終えることができました。 この大会が今シーズンの最後の大会となる人もいると思います。次のシーズンに向けて、さらに各校で精進し、来シーズンでの更なる成長を期待しています。ありがとうございました。

 なお、本日のリザルトは上記メニュー「リザルト」よりご確認ください。

・2018年3月27日(火) 第27回京都府高等学校春季スキー大会競技1日目

 アルペンはSL競技、クロスカントリーはクラシカル競技が行われました。両競技とも好天の中、気持ち良く競技を進めることができました。ただ、競技中に怪我をする人がいて心配する場面もありました。幸い大事には至っておりませんが、最終日の明日は怪我なく終わることを願っています。

 なお、本日のリザルトは上記メニュー「リザルト」よりご確認ください。

・2018年3月26日(月) 第27回京都府高等学校春季スキー大会開会式

 熊の湯スキー場にて、明日より競技がスタートします。それに先立ち、日中はトレーニング会、夕方には合同宿舎である幸の湯で、開会式を開催しました。今シーズンの活動を紹介するDVDを鑑賞し、専門委員長挨拶、選手宣誓、選手会と続きました。春季大会は選手の助け手作りの大会です。全員で協力して、良い大会を作り上げていきましょう。

・2018年3月20日(火) 第30回全国高等学校選抜スキー大会SL競技

 SL競技はDFになる選手がとても多かったですが、本日出場の2名とも、無事ゴールすることができました。これで京都府代表の3名の戦いが終わりました。出場した選手のみなさん、本当にお疲れ様でした。

 アルペン競技とノルディック競技のそれぞれのリザルトは以下のボタンよりご確認ください。

・2018年3月19日(月) 第30回全国高等学校選抜スキー大会GS競技

 本日は大会3日目。ジャイアントコースにてGS競技が開催されました。スムーズなレース運営で京都代表の2人も次につながる滑りができたと思います。明日は最終日のSL競技となります。

・2018年3月18日(日) 第30回全国高等学校選抜スキー大会SG競技

 西館山スーパーGコースにて、京都府代表2人が出場しました。緊張感のあるレースになりましたが、2人とも無事ゴールすることができました。明日はGS競技になります。今日の果敢に攻めた滑りを明日の競技につなげてほしいと思います。

・2018年3月17日(土) 第30回全国高等学校選抜スキー大会開会式

 第30回全国高等学校選抜スキー大会が長野県志賀高原にて開催され、京都代表として1年生男子2名、2年生女子1名が出場します。今日は、明日のSG競技に向けて、西館山スーパーGコースにてコースオープンが行われました。また、開会式も16時から開催されました。

(下写真はTCMの公開ドローの様子です。)

・2018年2月8日(木) 第67回全国高等学校スキー大会競技最終日

 インターハイ全競技が終了し、京都府選手団の戦いも終わりました。大舞台で力を出し切れた選手、悔し涙を流した選手、本気だからこそ、この結果がさらなる高みへ続いていくはずです。インターハイは終わりましたが、まだまだシーズンは続きます。それぞれの学校で、次のレースに向けた、できる限りの準備をしていきましょう。本当にお疲れ様でした。

 

 公式のリザルトは以下のリンクよりご確認いただけます。

・2018年2月7日(水) 第67回全国高等学校スキー大会競技3日目

 アルペン競技はハードパックされた朴の木3日目、男子スラローム。一本目は浅めのセットで、アイスバーンに臆せずしっかりと攻めることが出来た選手がタイムが出る展開でした。一方、二本目は降り幅の大きな厳しいセット。確実なライン取り、確実な外足の精度が、勝敗を分けた気がします。明日はいよいよ最終日の女子スラローム。少しの勇気を持って、「行くぞ!」の覚悟で、元気よくスタートしてほしいと思います!

 

 クロスカントリー競技は、連日降雪が続くなかですが、素晴らしいコースコンディションで試合を行うことができています。

大会初日の男女フリー競技に始まり、2日目は女子クラシカル競技、3日目は男子クラシカル競技と続きました。今回は、出場校OBをはじめとした支援コーチがスタッフとして加わり、ワクシングなどの選手のサポートに尽力してくれました。

選手たちは、最高の状態でスタートを迎え、これまでの練習成果を発揮しました。

京都チーム一丸となった応援のもと、各競技で選手の頑張りが見られました。

一方、強豪選手との技術的な差や体力・精神力の差がまだまだ大きいことも痛感させられました。

個人戦は全て終了しましたが、各自が次への大きなステップにしていくことを期待しています。

そして、最終日はリレー競技です。クロスカントリー競技の醍醐味のひとつ、チーム一丸となりバトンをつなぐ。各校選手、大会を締めくくるにふさわしい、全力の滑りを期待しています!

・2018年2月6日(火) 第67回全国高等学校スキー大会競技2日目

 大会2日目、アルペン女子GSは、昨日に引き続き抜群のコースコンディションで行われました。中斜面から緩斜面、エアターンからの中斜面と変化に富んだコースを果敢にアタックする選手が印象的でした。京都の選手は悔しさの残る結果でしたが、これをバネにしてさらなる練習に励んでくれると思います。また滋賀県から約10年ぶりに8位に入賞する選手がでました!明日は男子SL。

・2018年2月5日(月) 第67回全国高等学校スキー大会競技1日目

 大会1日目、アルペン男子GSは、青氷が顔を見せるハードなコースコンディションが維持された中で行われました。緩斜面主体のコースプロフィール、「エアターン」と呼ばれる斜面変化。積極的に攻める姿が、高校生のチャンピオンを決めるインターハイらしさそのものでした。京都の選手は、悔しい結果となりましたが、一生懸命に自分に挑戦する姿は、素敵な姿でした。

・2018年2月4日(日) 第67回全国高等学校スキー大会開会式

 アルペンはコースオープンで、コースなり、斜度、雪質、ターンサイズ、雰囲気、緊張感などを確認しました。朴の木では全国の選手が集まり、「いよいよ!」という雰囲気が漂う中でのコースオープン、トレーニングとなりました。

 

 午後からは開会式。選手を代表してアルペン三年生四人が、みんなの想いを背負い、開会式に参加しました。チーム京都、一丸となって頑張ります!

・2018年2月3日(土) インターハイ事前トレーニング2日目

 アルペンはモンデウスでAM-GS、PM-SL、朴の木でAM-コースオープン、午後モンデウスに移動してSL-TRに合流と、良い天気、良いバーンの中でトレーニング出来ました。明日は午前中、朴の木でコースオープン、午後はいよいよ開会式です!チーム京都、心ひとつに頑張っています!

 

 クロスカントリーは連日の晴天に恵まれて、充実したトレーニングができています。各自、インターハイでの目標達成に向け練習に励んでいます。インターハイは雪国のトップ選手の滑りを間近で見て学ぶことができる貴重な機会です。明日が練習最終日ですが、多くのことを吸収し、大会で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、みなで気合いを入れて練習に取り組んでいきます!

・2018年2月2日(金) インターハイ事前トレーニング1日目

 アルペンはモンデウススキー場で終日2種目トレーニングを行いました。ハードなバーンで本番を想定したハードなトレーニングが出来ました。明日は朴の木コースオープン組とモンデウストレーニング組と別れて取り組みます。

・2018年1月24日(水) 第27回京都高等学校春季スキー選手権大会書類アップ

 3月26日(月)~28日(水)に開催される第27回京都高等学校春季スキー選手権大会の要項、申込用紙をzipファイルにて、上記メニュー「大会要項・申込書」にアップしました。

 すでに総会でお伝えしたとおり、今年度は例年とは日程が異なります。

 確認していただき、間違え等のないようにお気をつけください。

・2018年1月23日(火) 第66回近畿高等学校スキー選手権大会競技2日目

 全行程を終了しました。選手、役員のみなさま、お疲れ様でした。また、入賞された選手のみなさん、おめでとうございます。インターハイも目前ですから、出場する選手はしっかりと調整をしてください。

 本日のリザルトは上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

・2018年1月22日(月) 第66回近畿高等学校スキー選手権大会競技1日目

 滞りなく1日目の競技が終了しました。

 本日のリザルトは上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

・2018年1月7日(日) 第70回京都府高等学校スキー大会競技最終日

 最終日のリレーが終了しました。大きな事故もなく全日程を終えることができました。

 インターハイ出場を決めた選手のみなさん、おめでとうございます。インターハイ本番まではあと1カ月です。全力を出し切れるように調整を進めてください。また、今シーズンはまだまだ始まったばかりです。残りのシーズンをどう戦っていくか、それぞれに課題を見つけて練習をしていきましょう。

 なお、本日のリザルト、学校対抗の得点表を上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

・2018年1月6日(土) 第70回京都府高等学校スキー大会競技2日目

 アルペンは回転競技を、クロスカントリーはフリー競技を行いました。を行いました。昨日同様、良い天気で、トラブルもなくスムーズにレースを終えることができました。全員が納得のいく結果が出ることはありませんが、このような環境でレースができたことに感謝しましょう。

 明日のフリー競技で大会は最終日となります。力を出し切って、有終の美を飾れるようにがんばりましょう。

 なお、リザルトは上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

・2018年1月5日(金) 第70回京都府高等学校スキー大会競技1日目

 アルペンはジャイアントスラローム競技を行いました。好天の中、白熱したレースとなりました。明日はスラローム競技です。悔いの残らないように、準備をしてください。

 クロスカントリーはクラシカル競技を行いました。良いコンディションの中、練習の成果が十分に発揮できていました。明日はフリー競技となります。

 なお、リザルトは上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

 

 また、20時からペンション佐藤にて、表彰式が開催されました。入賞した選手たちは、どの選手も緊張感と達成感を含んだ良い表情で各々の賞状を受け取っていました。その後、インターハイ出場者への激励が行われました。今日より少しでも良い結果が出るよう、明日からの競技につなげて欲しいと思います。

・2018年1月4日(木) 京都府選手権スラローム競技、インターハイ予選開会式

 本日、第60回京都府選手権スラローム競技が実施されました。

 雪が降り続く中でしたが、果敢に攻める姿が印象的でした。本日、優勝された選手のみなさん、おめでとうございます。明日からはいよいよインターハイ予選です。寒さに負けず、頑張っていきましょう。

 なお、リザルトは上記メニュー「リザルト」に掲載しています。

 

 また、今日は4時から、第70回京都府高等学校スキー大会の開会式と選手会を開催しました。明日からの大会に向けて、専門委員長の徳永先生の挨拶から始まり、各部署からの諸注意など、重要な連絡も多くありました。今一度、気を引き締めて、明日からの本番に臨んでください。

・2018年1月3日(水) 京都府高体連主催スキー部強化練習会最終日

 アルペンはスラローム競技の練習を行いました。長坂ゴンドラが強風のため運休していたため、日影ゴンドラから上ノ平4リフトを使用し、湯の峰ゲレンデに行くことになるトラブルもありましたが、どの選手も明日からの府選手権、インターハイ予選に向け、最終調整をすることができたと思います。

 クロスカントリーはクラシカル競技の練習を行いました。前日からの雪が降り続き、湿り気の多い雪でしたが、新雪でコンディションは良く、各校グリップをしっかり合わせて練習に臨み、間近に迫った大会に向けて自分の感覚を確かめながら懸命に練習に励んでいました。
 

 また、夕方4時からは明日開催される府選手権のチームキャプテンミーティングがスパリーナにて行われました。いよいよ、大会期間がスタートします。ここまでの練習の成果が発揮されることを期待しています。

・2018年1月2日(火) 京都府高体連主催スキー部強化練習会3日目

 アルペンは湯の峰ゲレンデでジャイアントスラロームの練習会を実施しました。天候が激しく変わり、時には吹雪の中となりましたが、どの選手も集中力を切らすことなく、スムーズに練習を終えることができました。

 クロスカントリーは南原公認コースで31日に引き続きスケーティングの練習会をしました。身体と対話しながらゆっくりとイメージを作ってゆく「0の練習」、全力で走る「100の練習」を織りまぜた、短時間ながら密度の濃いメニューをこなしました。

 明日はインターハイ予選前、最後の練習となります。

・2018年1月1日(月) 京都府高体連主催スキー部強化練習会2日目

 1日の中で、天候が激しく変化する、元旦の練習となりました。

 アルペンは湯の峰ゲレンデでスラローム競技の講習会を行いました。雪質が柔らかく、コースが掘れてしまう個所もありましたが、必要に応じて全員でコース整備を行い、撤収まで十分な練習ができました。

 クロスカントリーは、南原クロスカントリー公認コースにてクラシカル競技の講習会を行いました。ダブルポールを強く意識したスピード系トレーニング、クラウチング姿勢の重要性、加速を意識したレーンの切り替え、など充実した内容でした。

・2017年12月31日(日) 京都府高体連主催スキー部強化練習会1日目

 インターハイ予選に向けた合同練習会が野沢温泉スキー場で実施されました。アルペン・クロスカントリー競技とも、絶好のコースコンディションの中、練習をすることができました。なお、1月4日(水)には京都府スキー選手権SL競技、1月5日(木)~7日(土)には、いよいよインターハイ予選が開催されます。

・11月5日(日) 京都府高体連スキー部中高接続事業&第4回SAK競技スキーセミナー

 11月5日(日)、京都光華高校において、S-CHALLENGE代表 元SAJ強化コーチのフィジカルトレーナー飯島庸一氏を招いて、講習会を実施しました。京都の小学生から社会人まで幅広い年齢層の選手たち総勢50名程の参加となりました。昨年度同様、宮津市内から無料のシャトルタクシーを出し、一人でも多くの方に参加していただく環境を整えました。

 午前は、アルペン・クロスカントリー両種目合同での講習を実施し、スポーツの基本である姿勢・軸を中心に、「マス・スペース」の理論、「プランク姿勢の重要性」などを深く学びました。   

 午後は、アルペンに特化した内容で引き続き飯島氏から、主として「外傾・外向について」の講習をしていただきました。 また、並行してWAX講習会を実施、クロスカントリー選手は全員こちらに参加、アルペン選手については飯島氏の講演との選択制をとりました。3会場での同時開催となりましたが、各会場とも熱気溢れた取り組みとなりました。

 これで今季のオフシーズンの強化トレーニング会は終了となります。次回は12月31日~1月3日、野沢温泉での大会コースにおいて、インターハイ予選に向けた強化合宿を計画しています。12月上旬に参加希望を取りますので、ぜひご参加ください。

・10月26日(木) 平成29年度SAJ&FIS公認レースエントリー手続き書類アップ

・10月22日(日)開催予定 全関西学生スキー連盟主催平成29年度秋期季節外競技(クロスカントリー)大会中止のお知らせ

「台風21号の接近に伴い、悪天候が予想されるため、中止とする」ことが10月21日(土)午前11時30分に正式決定しました。

・2017年10月8日(日) 高大連携鴨川駅伝第59回京都府高体連スキー部駅伝開催

 前日までの天候が嘘のように晴れ渡り、絶好のコンディションの中、第59回京都府高体連スキー部駅伝を開催することができました。関係役員の皆様・選手諸君に厚く御礼申しあげます。参加選手にとってはオフシーズンの成果を互いに確認しあう貴重な機会となりました。

 同競技会は2012年度(第54回)大会までは洛東高校疎水エリア行われていたものを、高大連携に力点を置く観点から、2013年度(第55回)大会からは京都学生スキー連盟と合同で鴨川沿いに会場を移しての開催となり、今回で5年目を迎えることとなりました。双方に刺激を与え合うこの形態は、京都府独特のもののようです。少子高齢化が叫ばれスキー界も競技者育成に苦慮する時代となっていますが、皆様とともに少しでもこの壁を乗り越えていければ、と思っています。 

 公式記録を上記メニュー「リザルト」に掲載しておりますので、ご確認ください。

 また、駅伝に引き続き、同地において第3回SAK競技スキーセミナーを開催、約70名の参加でした。理学療法士の浦畑佑太郎氏(京都府スキー連盟常任理事)を講師としてお迎えし、運動能力を高める上での基礎的な動かし方や怪我の予防策などを拝聴し、貴重な体験を享受することができました。

  なお、10月22日(日)は全関西学生スキー連盟主催の秋期練習会に近畿高体連スキー部の仲間と参加します(申込〆切済)。さらに、11月5日(日)は中高接続事業として京都光華高校での練習会があります。奮ってご参加願います。

・2017年10月5日(木) 国体予選などの要項・申込書をアップしました

以下の書類を上記メニューの「大会要項・申込書」にアップしました。

・SAK競技スキーセミナー(10月8日(日),11月5日(日)開催)

・SAK強化合宿(12月23日(土),24日(日)開催)〆切:12月1日(金)

・国体予選・府選手権・府民総体(1月3,4,13,14日開催)〆切:10月27日(金)

・クラブ対抗(2月17日(土),18日(日)開催)〆切:1月10日(水)

・チャレンジ京都(2月17日(土),18日(日)開催)〆切:1月10日(水)

・SAKクロスカントリーバッジテスト(3月26日(月)開催)〆切:3月17日(土)

申込〆切が10月中の大会もありますのでご注意ください。

・2017年9月30日(土),10月1日(日) 天橋立ローラースキー大会開催

 標記競技会が9月30日(土)開会式、10月1日(日)競技の日程で宮津市内において開催されました。今回から全関西学生スキー連盟・近畿高体連スキー専門部が主管となる運営形態をとりました。多くの先生方、学生スタッフ、地元の皆様に支えていただきながら無事競技会を終えることができました。

 土日とも天候に恵まれ、絶好のコンディションの中、参加選手はオフトレ総仕上げの場として全力を注ぎ、互いに大いな刺激を共有することができた一時となりました。高校生にとっては、近畿各府県選手間で正々堂々と渡り合うことのできる貴重な機会であると同時に、とりわけ全関西学生スキー連盟からは九州から参加する選手も存在するなど、大きなイベントであったことを改めて認識したものと思います。なお、リザルトを公開しておりますので、ご確認のほどお願い申しあげます。

・2017年9月28日(木) 中高接続事業 要項・北部バスの申込書をアップしました

 上記メニューの「大会要項・申込書」に11月5日(日)に行われる中高接続事業 第4回SAK競技スキーセミナーの要項と、北部からのチャーターバスの申込用紙をアップしました。バスに乗られる方は10月30日(月)までに申し込みをお願いします。

・(重要)2017年9月6日(水) 各種大会の要項・申込書等をアップしました

上記メニューの「大会要項・申込書」に以下をアップしました。  

・秋期季節外競技(クロスカントリー)大会(10月4日(水)〆切)

・第59回京都府高体連スキー部駅伝 (10月6日(金)締切)  

・第70回京都府高等学校スキー大会(11月2日(木)〆切)  

・高体連チャーターバス要項(11月2日(木)〆切)

・第66回近畿高等学校スキー選手権大会(11月10日(金)〆切)  

 

また、上記メニューの「追加登録・共済など」に以下をアップしました。  

・SAJ共済関係(10月13日(金)〆切)  

・SAJ・FIS追加登録関係(11月2日(木)〆切)

 

※ 11月2日(木)各種〆切については、多岐にわたりますので、必ず「送付書類及び送金額明細書2017」  

  (PDFデータ)をプリントアウトの上、必要事項を記入してただき、提出書類のひとつとして同封願

  います。

・2017年9月3日(日) 京都府高体連スキー部総会と第5回強化トレーニング会

9 月4 日(日)に平成 29 年度 京都府高体連 スキー部総会を開催しました。

当日はたくさんの学校から 顧問の先生方 、選手にお集まりいただき、

今年度シーズンの日程や試合での注意点、その他 詳細な 連絡事項を確認 しました 。

 

また、総会後には、宝ヶ池公園へ移動し、トレーニング会を実施しました。

来るべきシーズンに向け、体力作りの総仕上げを意識しつつ、かなり追い込んだトレーニングを展開し、学校間で大きな刺激を共有することができました 。

夏休みが終わり、季節も秋らしく気持ちの良い中でのトレーニング となりました 。

次回の京都府高体連スキー部行事は、10月8日(日)の駅伝大会(鴨川河川敷)となります。京都学生スキー連盟との共催で、大会後はSAK競技スキーセミナーも開催予定です。

・2017年8月17日(木) 第4回強化トレーニング会

コーチに京都府スキー連盟競技部理事である青山孝行氏をお招きして、京都府高体連スキー専門部第4回強化トレーニング会を実施しました。

洛東高校 前 をスタートし、大文字山から南禅寺、将軍塚を経由して大谷高校までのトレッキングを行いました。

昨年は大雨の影響で 、 予定していたコースが一部変更になりましたが、今年はフルのルートで行うことができました。気温もそこまで上がらず、よい練習になったと思います。

高校生 、 中学生合わせて62名の選手が参加し 、有意義な トレーニングを行うことができました。

次回の強化トレーニング会は9月3日(日)、 同志社高校にて スキー部 総会終了後に行います。

・2017年7月25日(火) 第3回強化トレーニング会

立命館高校にて、平成29 年度第3回強化トレーニング会を行いました。

今回は実技ではなく、アルペン、クロスカントリーともに座学でした。

アルペンは  京都府スキー連盟から 歯科医の 高屋翔氏をお招きして、スポーツと口腔についての講義をしていただきました。

クロスカントリーは  本専門部の 浮田倫太朗先生 (同志社女子高校) より、年間を通したトレーニング計画の立て方や1つ1つのトレーニングに際した注意について、みっちりと講義 して いただきました。

次回の強化トレーニング会は8月17日(木)です。

・2017年6月17日(土) 連絡

 SAJのHPにて「アルペン スキー用具に係る国内運用ルールについて」のお知らせがありました。

 以下のリンクから、記事の下部にあるpdfを確認してください。

・2017年6月11日(日) 第2回強化トレーニング会

 京都光華高等学校にて、平成29年度第2回強化トレーニング会を行いました。

 今回は、アルペン・クロスカントリーの種目に分かれての練習会となりました。

 アルペンは、会場校グラウンドにて様々な器具を有効に用い、基本動作を通して

 ポジショニングやコース取りの重要性を確認しました。

 クロスカントリーは、西京極運動公園内アクアアリーナ屋上芝生エリアの坂を

 利用したストックランニングによるインターバルトレーニングなどを実施し、

 体力的に追い込みつつも正しい動作を確認しました。

 参加人数は、前回同様45名でした。次回のトレーニング会は、7月25日(火)に

 立命館中学校・高等学校にて講習会(座学)を実施する予定です。

・2017年6月4日(日) 第1回強化トレーニング会と顧問会議

 同志社高等学校にて、平成29年度1回目の強化トレーニング会を行いました。

 大谷高校の奥島先生のご指導のもと、恒例となった12分間走に始まり、

 ラダーやミニハードルを用いて細かい動きを確認することができました。

 総勢45名の参加で、非常に有意義なトレーニング会となりました。

 

 午後は顧問会議が開かれ、1年間のスケジュールなどが発表されました。

 (年間スケジュールについてはメニューの「今年度行事予定」にアップしています。)

 

 次回は来週6月11日(日)、京都光華高等学校において、9時から開始です。

 体育館シューズを持参してください。

・2017年5月25日(木) 2017天橋立ローラースキー大会関係書類をアップしました。

 「大会要項・申込書」に表題の関係書類をアップしました。

 7月22日(土)〆切です。よろしくお願いします。